ウイルトン織カーペットの補修




  カーペットの縮み


 ・接着部分の剥がれ口が開いてしまった
  (カーペット施工時のシ−ミングテープの接着不良)

 *事前にカーペットを摘まみ繊維の余裕を確かめよう。
  (不具合が生じたら作業前に補修)
カーペット洗浄の注意点(ウール・ウイルトン織)
カーペット洗浄の注意点(ウール・タフテット)
  ・グリッパーの剥がれ・緩み
  ・ブラウニングの有無
  ・色流れ(使用洗剤の確認)
   ・波うち・ラテックスの剥離
    ブラウニングの有無
   ・色流れ(使用洗剤の確認)

補修
写真左から

糊が利いていない、カーペットの接着部分が開いている。

生地が引っ張られているので(縮んでいる)カーペットをグリッパーから外し繊維をフリーに。
(注意)カーペットを外すとき“バリバリ”と剥さない。無理をするとカーペットを納めるときグリップしない。

ホットメルト(製造元でネーミングが異なる) 熱で、のりを溶かし接着する道具。シーミングテープと同じ成分…?
(注意)点・線付けでは、剥れ易いので工夫を。

糊付け終了。チェック後、キッカーで蹴りながらグリッパー方向に繊維を寄せる。繊維を5mm位出しグリッパーにかけ、カーペットの端は、グリッパーと壁の隙間に納める。
TOP


作業履歴



有限会社ティーシーエスサンクス 〒120−0001 東京都足立区大谷田2−3−35 Tel03(3620)0840 fax03(5682)3057  mail d-two@par.odn.ne.jp